東京近郊の高齢者のみまもりは、六本木の行政書士へ

アルファサポート行政書士事務所

みまもり

見守り契約(みまもり契約)とは・・・

高齢者となって判断能力が不十分になると、成年後見制度などの

法的サポートを受けることができます。

 

しかし、シルバー世代の方々の中には、いまは十分健康で判断能

力もあるけれど、年齢が年齢だけに、今後もどれだけの間それを

維持することができるか、不安に感じていらっしゃる方が大勢い

らっしゃいます。

 

見守り契約とは、私たち行政書士などの専門職が、

① 高齢者のご契約者を定期的に訪問したり、電話をしたりして、

② 契約者の健康状態や生活状況、判断能力などを確認し、

③(契約内容によっては)それをご家族などに報告し、

④ 高齢者を狙った訪問販売などの契約や各種手続きに関する

 ご相談にのることを主な内容としています。

 

見守り契約は、見守られるご契約者と、見守る行政書士との間で、

上記以外にも、内容は自由に定めることができます。

 

見守り契約

アルファ・サポート行政書士事務所

東京都港区六本木2-2-6 福吉町ビル6階

電話 080-4474-5587

みまもり業務費用

Ⅰ 見守り契約作成(弊事務所による見守り)

 A 契約書作成のためのご相談 

       メールによるお問合せ: 初回無料

       面談によるご相談: 1時間 5,250円

       (お伺いする場合は、別途交通費をいただきます)

 

 B 見守り契約書の作成

       2万1,000円

 

Ⅱ 見守り契約作成(第三者による見守り)

 A 契約書作成のためのご相談 

       メールによるお問合せ: 初回無料

       面談によるご相談: 1時間 5,250円

       (お伺いする場合は、別途交通費をいただきます)

 

 B 見守り契約書の作成

       8万4,000円~

 

 

Ⅲ 弊事務所による継続的見守り業務

      月額 1万0,500円~


代表行政書士プロフィール

佐久間 毅(さくま たけし) 1973年 東京多摩市生まれ

 

慶應志木高等学校、慶應義塾大学法学部を経て、証券会社に入社。

約8年の会社員生活の後、司法書士事務所に転職。

現在は、東京都内でアルファサポート行政書士事務所を開業。

 

ちょうど、団塊ジュニア世代の行政書士。私自身もうすぐ40代に

なりますが、開業当初より高齢者サポートに注力しております。